ブログ

Oct 18, 2018イベント報告

場が発酵していく!「近江発酵巡礼の旅 」その1

工房一周年を迎えたハッピー太郎醸造所の記念イベントとして、「近江発酵巡礼の旅」(発酵旅)を開催しました。

最後はこんな感じにみんな発酵して。幸せな一日でした。

発酵旅アズールブルー集合写真

 

発酵旅はまず、近江が誇る食の作家、「木下実験室」こと高木あゆみさんのテンペワークショップから。JR草津線甲西駅前の「今プラス」にて。使い勝手の良い空間でした。

テンペ講座

テンペとはインドネシア発祥の大豆の発酵食品です。

彼女はテンペを製造販売しているのですが、フレッシュな生での提供にこだわっています。その味がとってもピュアなんですよね。話を聞いていると、とても丁寧に作ってるのがわかる。大豆も滋賀県の在来種「みずくぐり(無農薬)」使用。

フライドテンペ2種の試食もあり、またテンペのトマトソースが出汁感がすごくて本当に美味でした。

彼女の活動はテンペにとどまらず、食の作家ともいうべき活動を展開していて、彼女の活動の原点から今に至るまでの話もしていただきました。今後もとても楽しみです。そして何より彼女の存在が本当にキュート!みんな大好きになったのでした。

そしてハッピー太郎こと私の日本酒講座、麹菌のお話と日本酒の話を少々。ちょっとごちゃごちゃとした話になりましたが、酒蔵「北島酒造」さん見学へと進みます。

北島酒造暖簾

まずは見学です。次の日から米洗いが始まるということで、掃除が進んでいました。こちらは旧蔵。比較的小さな仕込みをするところです。酒蔵らしい佇まいですね。

 

北島酒造旧蔵

お米洗いや吸水の大切さや麹の作り方についても丁寧な解説がありました。

吸水時間は場合によっては秒単位です。吸水時間や吸水率が書かれてますね。昨年度のものですが。

吸水時間

 

麹室は2つ、枯らし場が1つあります。とっても充実してます。ものによってはそれなりに大きな仕込みもあるのですが、手作りの麹です。

北島酒造麹室

 

そしてお待ちかねの試飲。今回は8種類。下見に行った時にすごく良く考えて選びました。内容、攻めたものも、わかりやすいものも、、、。どう感じたかなあ。

北島酒造試飲

そして、北島酒造さんのお酒は食中酒として本来の美味しさが引き出せるという位置付けなので、ランチと一緒に楽しむことになりました。そのランチは、今日のための特別なお弁当を木下実験室さんに作っていただきました!!

想いののこもったカバー。

オーガニック・ビーガンな内容で、99%滋賀県産です。ハッピー太郎醸造所のお味噌や糀も使っていただきました。

木下実験室お弁当中身

心身ともに満たされるお弁当です。どこにも妥協がなく、一つ一つが地味豊かで食後感がとても軽い。スタンダードに見えて創意工夫がされている。画像がないのですが、デザートも金木犀のシロップがかかっていて、素敵でした。

そしてもちろん、お酒と一緒に。お燗酒で楽しんでいただきます。お燗番は贅沢にも蔵人さんにしていただきました。

北島酒造乾杯

お燗をすることで旨味も増し、料理との相性もよくなる(化ける)のですが、一番は、身体に優しくなるんですね。緩やかに酔います。体感していただけたでしょうか。

そしてこのランチのお酒と食事の抜群のマリアージュは、渡船88%生酛純米と、テンペの照り焼き味噌バージョンのマリアージュ。これは抜群にあう、と参加者の方から声が上がりました。そんな感動も、北島さんのお酒ならではなのです。

なかなかここまで対応してくださる酒蔵はないですよ。時期的にギリギリだったと思います。参加者の皆様には素晴らしい体験となったと思います。

皆様の笑顔。発酵してまいりましたね。

北島酒造集合写真

 

後半はその2で!!